アジアンステージ紹介

バリ舞踊

*バリ舞踊*
インドネシア共和国バリ島では、バリ・ヒンドゥーと呼ばれる独自の信仰の中で、神々への捧げ物として現在も舞踊やガムラン音楽といった芸能文化が盛んに受け継がれています。


南インド古典舞踊

*神話や神々への祈り・感謝を表す南インド古典舞踊*
足首につけた鈴がリズミカルにひびき、エネルギッシュなステップが特徴の南インド古典舞踊。神々のお話が踊りで表されていますので、その内容を説明して観ていただきます。インドの神々は日本の神々との共通点が多く身近に感じられ、また音楽は南インド独特でありながら、どこか懐かしさも感じられることでしょう。

 

■南インド古典舞踊/モガリ真奈美
南インド古典舞踊グループ/マルガユニティー主宰。関西日印文化協会理事。
1990年南インド古典舞踊を始める。南インド・チェンナイにて K.P.ヤショーダに師事。1996年~舞踊活動を開始。神社仏閣での奉納舞、各種イベント出演、講習会等の講師を始める。2001年?兵庫県立西宮香風高等学校「異文化体験・インド古典舞踊(選択科目)」特別非常勤講師を勤める。現在に至るまで、日印文化交流イベント「INDIA 太古のひびき」vol.1~7の企画、運営、出演などの公演活動、公共施設や学校での講演&舞踊披露、LIVE公演活動など多岐に渡り活動の場を持つ。レッスン教室は新大阪、宝塚、三宮に開設中。ジュニアクラス・上級クラスの指導を行なう。
http://manami-f.com